「とび」のお仕事

「とび」ってどんなお仕事?

とびは日本の建設業界でとても大切なお仕事です。建設の現場に最初に参加して、最後まで活躍します。技能も大切ですが、チームプレーが必要です。そのため、とびの会社さんは「みんな仲間!」というイメージがあります。建設現場でいろいろな専門工事のひとたちがうまく仕事ができるのは、「とび」のお仕事のみなさんのおかげです。現場の花形職人です。

仕事のやりがいは何といっても、はじめから最後まで深くかかわれることです。「とび職人」がいなかったら何もできません。だから、必要とされているといつも思います。
やる気次第で仕事の幅が大きく広がり、お給料にも影響します。

関連記事

  • 面接のときの思い出

    日本で働いたことのある先輩から、会社の面接の思い出を聞きました。 会社の社長さんが笑わなくて、はじめは怖い人かと思ったそうです。でも、実際に一緒に働いてみると、

  • 面接の受け方

    建設会社に就職するには、面接(社長さんやえらい人にあう)を受けなければいけません。会社に行って受ける面接と、オンラインでの面接があります。面接の方法は、会社によ