面接の受け方

建設会社に就職するには、面接(社長さんやえらい人にあう)を受けなければいけません。
会社に行って受ける面接と、オンラインでの面接があります。面接の方法は、会社によって違います。どの面接の方法でも、大事なのは元気です!
建設のお仕事は、機械の音などでうるさいので、大きな声の人がたくさんいます。もし日本語に自信がなくても、大きな声であいさつをしてみましょう。

会社に面接に行くときは、時間を守って「面接に来た〇〇です。」と、受付の人に名前を言いましょう。面接をするお部屋まで、連れて行ってくれます。わからないことは、はっきり「わかりません。」と言って大丈夫です。
オンライン面接のときも、時間を守って、大きな声であいさつをしましょう。
あなたの気持ちは伝わるので、安心してくださいね。

関連記事

  • 「とび」のお仕事

    「とび」ってどんなお仕事?とびは日本の建設業界でとても大切なお仕事です。建設の現場に最初に参加して、最後まで活躍します。技能も大切ですが、チームプレーが必要です

  • 面接のときの思い出

    日本で働いたことのある先輩から、会社の面接の思い出を聞きました。 会社の社長さんが笑わなくて、はじめは怖い人かと思ったそうです。でも、実際に一緒に働いてみると、